ヤマネットインターナショナル・ブログ

平成天神GP号 × 令和空神GP号 1番仔 天空神887 888号 公開 分譲

0


    レース鳩帰ってあたりまえ 帰還率70%が普通だったら 何をすべきか

    0

      昨年の8月に 初めて 

       

      PN600K総合優勝の帰還瞬間動画をユーチューブに公開してから

       

      約1年弱 1400回を超える視聴 誠に有難うございます

       

      先日 同じ鳩に関してのユーチューブを視て居た時

       

      〇もなき 〇〇鳩の〇〇のレースと題して投稿がありました

       

      レース鳩の帰還率は10%らしいですが

       

      その投稿者の方が

       

      怪我をした レース鳩を庭先で保護した話でした

       

      120kmほどの

       

      飼い主に届けようと思ったが 飼い主はもう助からないから

       

      鳩が死んだらどこかに埋めて下さいの対応だったと

       

      また投稿された主旨は不明ですが

       

      無責任 鳩が可哀そう が伝わって来ます

       

      問題視されているのか(・・?

       

      携帯番号に脚環番号公開? 飼い主さんは 如何な気持ちでしょうか

       

      今年 私も 三国SC300Kレースで怪我をしたトリを

       

      車で230km 引き取りに出かけた事を思いました

       

      保護して頂いた一般の女子高校生さん

       

      初めての見知らぬ人への電話 不安だったと思いますが

       

      勇気を出して電話 必死だったと思います

       

      私が取りに行くまで 何とか御自宅までお願いしますと 

       

      御家族の皆様全員を巻き込んでしまいました

       

      毎年 全国で帰らない70万羽のうちの1羽だったかも知れませんが

       

      それでもレースに出したからには しっかり最後まで責任を取らなければと

       

      協会員だろうが一般の方だろうが

       

      大切なトリをもう助からないからとは決して言えないと思います

       

      まず鳩レースをする前の人格が問われます

       

      使役動物的扱い 

       

      果たして日本の鳩で使役と呼べる優秀なレース鳩が何羽いるのでしょうか?

       

      半世紀以上 鳩レースと呼べるレースがいくつあったのでしょうか?

       

      先日のブロック表彰式の懇親会での

       

      話と言えば参加羽数減少 低帰還率

       

      当舎もここ5年 

       

      全レースの平均帰還率は70%台とあまり良くありません

       

      ある方とお話をしていましたが 70%が普通

       

      そうですよね

       

      帰らないのが異常ですよねと

       

      昔は帰った 帰ったも

       

      距離が遠くなるにつれて 帰還率が落ちています

       

      まあ これが普通と洗脳されてしまえばここまで

       

      しかし 鳩レースは本来 距離が伸びるにつれて

       

      羽数が減った分 帰還率が良くならなければなりません

       

      レース鳩1000km帰ってあたりまえとなれば

       

      この時点で異常レースと判断できたかもしれませんね

       

      当舎では 陸上から海上レースの始まり

       

      例年 先の失踪 怪我が多いのも

       

      三国海上300kmレースが多いですね

       

      近年天気が読めない 宿泊経費などの都合と思いますが 

       

      翌日放鳩になってからは一段と悪くなっている様に思います

       

      先日の会での要望に挙げていましたが

       

      私が発言する前に Kさんからの要望で 翌日放鳩を止め

       

      翌々日放鳩への要望の お話しがありました

       

      偶然にも同じ意見 鳩レースの考え方は違うかも知れませんが

       

      帰したいという気持ちは皆 変わらない様です

       

      網野 陸上200kmレースでも 翌々日放鳩が当舎の願いです

       

      過去の経験から ゆっくり置いた方が帰りが良い様に思います

       

      連盟レース わずか300km帰還方角も島根県〜山口県では 

       

      大きく異なり 実距離海上と陸上に分かれます

       

      こうなれば 方向性のあるトリは 飛翔コースも全く違います

       

      良く内外域 帰還方向角が違っても 途中まで

       

      一緒に飛ぶという見方をされますが

       

      当舎はもうこの時点でレース鳩失格と判断します

       

      単に海が怖いだけ 山が迫っているので 

       

      ここしか逃げ場所がなく飛べないだけと判断します

       

      過去 この鬼門の300km後は帰還率も安定し

       

      良く1羽参加で 最後まで戦ったものです

       

      他方向に行くことも 少なかったかと

       

      原因は やはり海 そして帰還方向角が一番に影響していると考えられます

       

      日本海沿岸放鳩地の800km以上の長距離レースとなると

       

      中国ブロックの飛びはじめの方向角は実距離海上と海岸線では約40度の開きがあります

       

      より陸に近い 山陽域でも 海上飛翔を余儀なくされます

       

      山陰も長距離レースでは距離に関係なく帰還方向角で言えば北九州方向

       

      現在の山陽の皆様と共に距離を延ばすなら

       

      帰還方向角のバラツキが半減する 

       

      放鳩地の南下内陸太平洋岸が やはり ベストとなります

       

      お互いに混乱しない様に

       

      再度ブロック編成の見直しも必要と考えます

       

      また 当舎は参加した事がありませんが

       

      西日本合同600km〜800kmレースと称し 

       

      参加を募るのであれば

       

      鳩の為にも また競うに値しない方向差を無くす為にも

       

       放鳩地は日本海沿岸新潟県村上市ではなく

       

      当舎なら 帰還方向角が半減する

       

      内陸 大平洋沿岸 放鳩地を設定します

       


      今年の出来は68点?

      0

        今年の作出も残すところ 選手鳩配合を残して終了です

         

        今年も 出来を評価して見ました

         

        毎年80点以上を目標に作出を行っていますが

         

        なかなか 思うようなトリは出来ません

         

        今年は68点でしょうか = 来年の全レース平均帰還率も68%以上となります

         

        また老鳩の作出より 若鳩の作出を優先したいのですが

         

        まだまだ 現役良い🐦を出してくれるとついつい期待するものです

         

        まあ 老鳩は昨年ある程度 御譲り致しましたので 割合は半々といったところでしょうか

         

        程良い近親鳩に異血配合鳩 更にヤマネット系の真価が来年も問われる様です

         

        鳩レースの理想は誰も同じ 実距離優性 最短 最速 最楽 最勝ではないでしょうか

         

        理想に近いレースは 毎年一つあるか 無いかですが

         

        レース毎に 厳選して 参加したいと思います

         

        とにかく誤った方向へは行かない様に 気を付けたいですね

         

         

         

         

         

         

         


        変わろう鳩レース!

        0

          ブログでは

           

          鳩レース改革持論を長年

           

          述べさせて頂いていますが

           

          ブロック表彰式の懇親会時

           

          如何したら 鳩が帰せるのですかと

           

          また如何したら 勝てるのですかと・・・・?

           

          問われる方がいらっしゃいました

           

          当舎 単に良い鳩 うんぬんと語るまえに

           

          鳩レースをすれば良いと思いますと

           

          そもそも鳩レースとは何か

           

          それこそ 人が考える 人が設定するレース 

           

          人レース 価値観が違えば

           

          何より 鳩の気持ち 本質が 見抜けないと 見えないと

           

          難しい答えかもしれません

           

          長年にわたって 当舎の思う 

           

          鳩の本質から改善を求めて来ましたが

           

          日本海沿岸放鳩地では

           

          徐々にレース距離を延ばすどころか 

           

          段々と短くなるばかりです

           

          1100km以上からレース目標にしている当舎

           

          単独では楽しめますが寂しくなるばかりです

           

          最近では北海道と言う方も少なくなりました

           

          それはそれで太平洋岸放鳩を目指す

           

          当舎には喜ばしいことですが

           

          毎年 連盟ブロック会議に期待すべきは

           

          鳩が一丸となって飛翔できる環境です

           

          実距離が一緒に飛翔出来ない環境では

           

          かたや迂回避劣性海岸導線飛翔 かたや実距離優性海上飛翔

           

          かたや迂回避優性導線飛翔 かたや実距離劣性海上飛翔

           

          お互いに真逆の相対する優劣となります

           

          1000km当日帰りも翌日帰りがあたりまえになっては話になりません

           

          今年の湯の浜GP海上700km 記録16時11分(日没の3時間前)

           

          鰺ヶ沢チャンピオン海上850km 残り150kmほど 

           

          当日記録できたのでは・・・?

           

          参加すれば良かったのにと・・・・ 良く言われますが

           

          価値観が違う当舎 御迷惑をお掛けするばかり

           

          何処を 如何やって 帰ったか分からない不透明なレースでは

           

          結局 鳩が分からず 終わってしまうからです

           

          同じ結果が2〜3年続いても 

           

          それまでのそうした プロセスのないトリ

           

          現に そうした皆様方を沢山見て来ました

           

          元が違えば 結果も違い 鳩も違います

           

          確実に実距離海上飛翔で当日に帰れる保証がない限り出しませんと申します

           

          それが鳩レースで 団体競技 御迷惑をおかけしても悪いからです

           

          昨年のPN 今年のGPとブロック総合優勝するたびに

           

          早く皆様には分かってもらいたいという気持ちになります

           

          鳩には迂回能力がある 方向修正できると思う皆様に

           

          鳩には迂回能力はありません 方向修正する能力もありませんと

           

          帰るトリが良いトリと思う皆様に

           

          帰らないトリが良いと

           

          帰させられたトリ と 帰ったトリの違いを

           

          言ったところでお互いに聞く耳を持たなければ

           

          結果が総て 双方の価値観で終わります

           

          帰還方向角が違う ブロックでは これからも必ずこの様な結果になると思われます

           

          この様な結果にならない様に まず方向角を縮小する事

           

          そして 日本鳩レース全体に言える事ですが

           

          海越えより山谷越え 

           

          帰還方向一致海岸線飛翔より 帰還方向内陸飛翔

           

          鳩の能力にあった本質が見抜ける様に思います

           

          その答えが 大平洋岸放鳩地にあり

           

          鳩レースの90%は決まると思います

           

          先日の答えになりましたでしょうか? 

           

          私の良きと思う鳩レース持論ですが 御意見をお待ちしております

           

           

           

           

           


          中国ブロック表彰式

          0

            昨日は中国ブロックの皆様 表彰式 お疲れ様でした

             

            表彰式 オークション 抽選会 じゃんけんぽん大会

             

            企画盛沢山

             

            そして懇親会では デンマーク料理に飲み放題と

             

            ついつい ビール 酒 ハイボール ワインと

             

            過ぎてしまいましたが

             

            中国ブロック連盟の皆様方には

             

            企画 進行と 

             

            本当にお世話になり有難うございました

             

            また

             

            福を呼ぶ Fさんには 広島までの 〇福運転

             

            車に乗せて頂き有難うございました

             

            ド・ス〇〇エ号兼のんべえ号の私と 歌手 斐川のきよし氏

             

            久しぶりに とても楽しい一時を過ごさせて頂きました

             

            また オークションでは 全出品鳩中 最高評価を頂き

             

            誠に有難うございました

             

            厚く 御礼を申し上げます

             

            鳩レースの価値観 レース鳩の本質 それぞれ

             

            皆様方とは異なるかもしれませんが

             

            ブロックの皆様方の為に少しでもお役に立てればと思い

             

            選鳩に選鳩を重ねさせて頂いた結果が 評価に表れ 私の喜びも一入です

             

            来年の表彰式

             

            依頼あれば 19年 湯の浜GP総合優勝×総合2位 19年生まれ

             

            または

             

            19年 湯の浜GP総合優勝× 18年 内野PN総合優勝(半姉弟配合近親)20年生まれ

             

            の出品を予定しておりますので

             

            皆様方 何卒 宜しくお願い致します

             

            それでは 来年 岡山でまたお会いできる様 ガンバリましょう!

             

            さいなら さいなら

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             


            なるべくゆっくり帰ってねと 4ヵ月ぶりにまた三国SC海上レース遅れ 帰りました!

            0

              生きていれば 必ず帰るであろう ヤマネット系・・・?

               

              昨日 三国SC海上300Kレース 無事帰還しました

               

              海上飛翔出来ない 劣性レースでは

               

              なるべくゆっくり帰ってねと 少し早いかな 4ヵ月ぶりです

               

              8羽/20羽 残り12羽 予定

               

              来春の海上レースでは 活躍される事でしょう

               

              父がヤマネットップ号

               

              母がヤマネットGPダークブルー号

               

              いずれも 太平洋岸放鳩地長距離実距離優性飛翔系です

               

               

               

               


              中国ブロック 表彰式 出品鳩PR 系統公開!

              0

                7月7日(日) 中国ブロック表彰式です

                 

                御陰様で今年も参加させて頂く事が出来そうです

                 

                皆様方には感謝致しております

                 

                また今年は

                 

                昨年のPN総合優勝鳩舎という事で鳩の提供依頼を受けました

                 

                鳩レースの考え方が全く違う当舎

                 

                西日本及びブロックでの帰還方向角の縮小

                 

                実距離優性飛翔 長距離太平洋岸放鳩地を願う当舎

                 

                昨年のPNに続き 今年のGPから伺える 分速差大

                 

                乗船 迂回避導線飛翔 不明能力

                 

                飛翔コースが全く違う 連盟からなるブロックならではの

                 

                お互いの負の連鎖を唱える当舎 本当に

                 

                当舎のトリで良いやらと 出品選考には大変迷いましたが

                 

                やはり 最終的には総合優勝鳩の直仔が良いと思い

                 

                同腹2羽に絞らさせて頂きました

                 

                舎外で半端ない猛禽類襲撃が多い中

                 

                残っている精鋭です

                 

                今年の1番仔で 多分 ♀ ♀ だと思います

                 

                生後3か月ほどの 幼鳩です

                 

                羽色はDCに近いBC 中型小 と  普通のBC 小型です

                 

                私が見たところ 手持バランス 骨格良好と思います

                 

                この2羽のうち どちらかと思います

                 

                あまり あらかじめ公開するのも 如何かと思いましたが

                 

                少しでも吟味 選んで頂ける余地 何よりブロックのお役に立てればと思い

                 

                少しPRさせて頂きます

                 

                まず 決してきれいなトリではありません

                 

                どちらかと言えば ドバト顔 野性味あふれるトリです

                 

                ただ 眼光は鋭く 濃い 種向きと思います

                 

                以上 前もってお伝えした方が良いかなと思う特徴です

                 

                ブロック表彰式にて 出席されます皆様方

                 

                及び 興味あり託される 各連盟 連合会の皆様方

                 

                系統書を 前もって公開致しますので 御参照 御検討のほど 宜しくお願い致します

                 

                 

                 


                だろう から かもしれない 

                0

                  今日は今度のブロック表彰式に持参するトリの選別です

                   

                  昨年のPN総合優勝の海神ナショナルは

                   

                  母の同腹と 近親配合を行いました

                   

                  昨年生まれの海神ナショナル直仔は分譲鳩以外は

                   

                  種鳩に 海神ナショナルの母を近親配合したり

                   

                  海神ナショナルの半姉妹と配合したり

                   

                  いずれも近親で固めております

                   

                  特に 内陸の山越えでは 高高度飛翔が 重要ですので

                   

                  特に期待が持てる血筋です

                   

                  既に 使って頂いている鳩舎もあり 

                   

                  それなりの結果も出てる見たいですが

                   

                  まだまだと 飛ぶだろうでは いけませんね

                   

                  より 確かな血統にと・・・・思う次第です

                   

                  話は変わりますが ちまたでは

                   

                  昨日の県警の巡査の拳銃の置き忘れのニュースが話題になっていました

                   

                  なあ なあ だろう だろうの 日頃の管理が問われた見たいです

                   

                  かもしれないの意識が欠けていたのかも知れませんね

                   

                  以前 近くの神社の賽銭泥棒の現場検証に出くわした私

                   

                  誰も乗っていないパトカー エンジンは かけっぱなしの状態を

                   

                  不思議に思って 警官に問いた事がありました

                   

                  無線を使っているので 切れないとの返答

                   

                  まあ その時は ガソリン 税金の無駄使いくらいにしか思わなかったのですが

                   

                  誰か 乗って逃げるかも知れない・・・・

                   

                  酒に酔った人が タクシーと間違えて パトカーに乗ってたなんて話も

                   

                  あったくらいですから

                   

                  笑いごとでは すまないかも知れませんね

                   

                  そうした 毎日の積み重ねが 招く結果

                   

                  当舎も 日頃は なあ なあ だろう だろう の

                   

                  おろそかな お粗末な管理で何も言えませんが

                   

                  かもしれないを大切にしたいと

                   

                  これまた 思う次第です

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   


                  恵の雨 梅雨入り

                  0

                    昨日から 雨が良く降ります

                     

                    どうも 一昨日から梅雨入りしたと思われます

                     

                    雨が降らないと 農家の 水不足は深刻です

                     

                    水田 水稲 名のごとくです

                     

                    鳩も 900K=9羽残るのが鳩 名のごとく

                     

                    当舎の目標です

                     

                    この時期 雨の日は 舎外を止める鳩舎が多い見たいです

                     

                    当舎も梅雨が終わるまで舎外せず 

                     

                    寝かしておいた事もありました

                     

                    ちょうど猛禽類の被害が絶えない時期でもあります

                     

                    1羽のみでなく 立ち替わり 襲って来ます

                     

                    曇り 雨の日は特に多い様です

                     

                    レースは晴れの日のみ 天候不順は舎外は必要ないという方も

                     

                    しかしながら 当舎は 天候に関係なく 常日頃の 舎外が大切と思います

                     

                    訓練も 年4〜5回 近距離 最低限しかできないので

                     

                    放っておいても 5時間(300Km相当)は

                     

                    最低 飛んで欲しいですね

                     

                    入舎する頃には 一日 一餌も準備してはあると思いますが

                     

                    とにかく 鳩レースは 鳩なりが一番です

                     

                    私は 鳩レースは同一地点から飛ぶ距離を競うものと言います

                     

                    一方

                     

                    人は 鳩レースは同一地点から飛ぶ速さを競うものと言います

                     

                    人レースは人なりで良いのではないでしょうか

                     


                    1900年 パリ五輪競技種目 鳩レース! 世紀の時を経て 東京オリンピックを機に復活!?

                    0

                      鳩は平和の象徴

                       

                      オリンピックの開会式には 度々参加 欠かせない存在

                       

                      それどころか 1900年のパリ五輪では

                       

                      鳩レースが競技種目にありました

                       

                      現在も続いていたなら

                       

                      メジャーなスポーツだったと思います

                       

                      2020年 世紀ぶりに

                       

                      東京オリンピックで復活を願っていましたが

                       

                      人間が主 わずかな馬

                       

                      殆ど誰も知り得ない マイナーなスポーツとなってしまいました

                       

                      50年前は年400万羽の日本選手が誕生

                       

                      現在 年72万羽の日本選手が誕生

                       

                      わずかな 選手しか 最終競技まで残りませんの実態

                       

                      これでは オリンピック競技復活も

                       

                      東京放鳩 記念レースでさえ 叶わぬ

                       

                      おとぎ話に終わってしまいますね

                       

                      鳩レースもサミット必要か・・・・

                       

                       

                       

                       


                      | 1/78PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      ブログランキング(レース鳩・鳥)

                      にほんブログ村 鳥ブログ レース鳩へ にほんブログ村 鳥ブログへ

                      ヤマネットインターナショナル

                      ヤマネットインターナショナルのホームページへ
                      ヤマネットインターナショナルのオークションコーナーへ
                      ヤマネットインターナショナルのトレードコーナーへ
                      ヤマネットインターナショナルの無料オークションコーナーへ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM